「住まいと暮らしの相談窓口」は、NPO法人ユニバーサルデザイン推進協会と豊中市住宅課の協働事業の一環として行われています。

不動産 相続

Q&A5.田舎にある祖父の土地、そのままにしても大丈夫ですか?

2021年6月29日

所有者がなくなった後、名義を変えないまま何年も経っている、そういう土地が地方にはいくつもあります。
登記は期限がないので、固定資産税など税金を払っていて、管理もしっかりしていれば今までは問題がありませんでした。
しかし、昨今このような土地が増え、管理者もわからないようなものが空家問題に直結するようになり、4月の法案改正で登記が義務化されることになりました。
2024年を目処に義務化されますので、それ以降は相続を知った日から3年以内に登記をしなければ10万円以下の過料を化せられることになります。
相続関係が複雑になる前に名義変更はしておいた方がいいです。

回答者:木村 千洋(行政書士/宅地建物取引士) きむむ行政書士事務所

CATEGORIES & TAGS

不動産, 相続, , ,

Author:

住生活コーディネーター(JSC)の詳細はホームページをご覧下さい↑クリック